エルメスの4-6月、売上高が2倍以上-パンデミック前の水準回復

高級ブランドを展開するフランスのエルメス・インターナショナルが30日発表した4-6月(第2四半期)決算は、売上高が2倍余りに増加し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準を回復した。

  4-6月売上高は為替変動を除いたベースで127%増となり、アナリスト予想を上回るとともに、2019年同期を33%上回った。皮革製品と既製服の販売好調が寄与した。

  地域別で見ると、観光客による売り上げが中心のフランスを除き、全ての地域で売上高は19年の水準を回復。26日に4-6月期決算を発表した同業のLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンもファッション・皮革製品部門の売上高が実質ベースで19年4-6月に比べ40%増となるなど好調だった。

  部門別では、4月に投入したスポーティーな紳士用腕時計「エルメスH08」(5700ドル=約62万5000円)の寄与もあり、腕時計部門の売上高が151%伸びた。

  1-6月の継続事業ベースの営業利益は3倍超の17億2000万ユーロ(約2240億円)と、アナリスト予想の14億5000万ユーロを上回った。

世界中のお金を持った人達が旅行に行けない、気軽に食事に行けないなどの鬱憤を色んな形で発散するのか分かりませんが、高級品がよく売れているそうです。車なども高級車の売り上げが順調で、コロナ前の数字を上回るところも多いそうです。建築に関しても、新築はウッドショックのせいで中々厳しいですが、リフォームは中高級品が好調でキッチンやユニットバスなども各メーカーの上位機種が売れています。

弊社もお客様のニーズをしっかりと掴み、この波に乗って行きたいと思います。

ロンドンで1カ月分の雨が1日で 各地で浸水、19世紀の上下水道対応できず

2021年7月27日

ロンドンでは25日、通常の1カ月分の雨が一気に降り注ぎ、市内各地で浸水や冠水が起きた。浸水のため外来や手術を中止する病院もあり、下水があふれ出し空中に吹き上がる場所もあった。

ロンドンが集中豪雨のため水害に見舞われるのは、7月12日以来。

19世紀から使われているロンドンの古い上下水道・排水設備では、最近の激しい雨量に対応できないと専門家は指摘する。

最近世界各国で同じ様な現象が多発しています。日本、中国もそうでした。

何かコロナによって世界の人達の生活様式が変わり、そのことによって色々な変化が起きてるのではないかと思います。自然には絶対勝てません。何かしらの備えを普段からする様にしなければいけませんね。

接種したら無期限の自宅待機」タマホーム社長が社員に“ワクチン禁止令”

大手住宅メーカーのタマホーム(本社・東京都港区)で、玉木伸弥社長(42)が社内に事実上の“ワクチン禁止令”を出していることが「週刊文春」の取材で判明した。複数の現役社員らが社内資料やメールを基に証言した。

約1カ月前の6月初旬、ほぼ全社員がオンラインで視聴した「経営方針発表会」ではこんな一幕があった。玉木氏が突然、「ワクチンを接種したら5年後に死にますからね」と口走ったというのだ。

色々な考え方があって、ワクチンに対しても人それぞれの判断があると思います。社長様は打たないという選択肢を選んだのは全く問題ないですしそれこそ同じ判断の社員さんも沢山おられると思います。ただ全員に強要するのはパワハラであり、人権侵害にあたると思います。

確かに臨床実験が済んでいない薬の見切り使用なので、色々な副作用が出てくるかもしれませんが、個人の判断を抑制するのは違うと思います。

逆に絶対に打てと言う会社もありますが、こちらも人権侵害ですね。

あくまでも個人個人の判断において摂取されるものだと思います。ちなみに私は時期が来れば打とうと思います。理由は海外旅行に行きたいので(笑)