月別アーカイブ: 2021年5月

米新築住宅販売、4月は予想よりも減少-高価格が需要を抑制

米新築一戸建て住宅販売は4月、予想よりも減少した。価格高騰が需要を抑制した。建設業者の受注残は増加が続いた。

建設資材コストの急騰が価格を押し上げていなければ、住宅市場は勢いを維持していた。高価格が需要にブレーキをかける一方で、歴史的に低い住宅ローン金利や高水準の受注残は、今後数カ月に住宅建設が着実に増え、経済成長に貢献することを示唆している。

  販売価格(中央値)は前年同月比で20.1%上昇し、37万2400ドル(約4060万円)。売りに出されている物件は31万6000戸と、1年ぶり高水準となった。販売に対する在庫比率は4.4カ月と、前月の4カ月から上昇した。

  販売されたものの建設がまだ始まっていない物件(受注残を示す指標の一つ)は、前月比で16.5%増えて32万5000戸と、2006年以来の多さだった。

  4月は全米4地域のうち3地域で販売が減少。南部と中西部はともに8%余り落ち込んだ。一方、西部は8%近い増加となった。

まだまだ受注残があるみたいなので、米松の動きの悪さは長引きそうですね。一度この辺りで止まってくれればいいんですが(笑)いや、本当は笑えないんですけどね、、、

中国の景気回復、5月に入り鈍化の兆し-原材料価格の高騰響く

中国経済の力強いモメンタムは5月に入りやや鈍化した。原材料価格の高騰で利益が圧縮され、企業がより慎重になったほか、住宅や自動車の販売は減少している。

  ブルームバーグが調査する8つの先行指標を束ねた総合指数は今月、4月から1段階低下したものの、堅調な輸出需要に支えられ、なお景気拡大を示す領域にとどまった。

エコノミストは「原材料価格の高騰は中小企業にとって主要課題になっているようだ」と分析。「国内に軸足を置く中小企業は仕入れコスト上昇により脆弱(ぜいじゃく)になっているもようだが、輸出中心の中小企業は力強い新規受注と販売価格上昇のおかげで利益率は損なわれていない」とも指摘した。

住宅販売の減少が5月に入ってあったとは、朗報です。これで少しでも日本に材木が入荷する様になれば、日本のウッドショックに少しでも明るい兆しがある様に感じます。勿論潤沢には入ってこないでしょうが、、、、

本来であれば、海外の動向によって経済が左右されるのはあまり良く無いですが、グローバル社会の宿命ですね。

フェイスブック、7月にNY市の従業員がオフィス復帰へ

フェイスブックは、ニューヨーク市のオフィスに従業員を復帰させる準備を進めている。

  従業員は25日、マンハッタンのオフィスが7月12日に出勤人数25%で再開すると通知する電子メールを受け取った。フェイスブックの広報担当者は、マスク着用が必要となるほか、「可能な場合は現場で働く全ての人に毎週新型コロナウイルス検査が義務付けられる」と説明した。

  フェイスブックの従業員は、昨年春にオフィスが閉鎖されてからリモート勤務が可能となっているが、オフィスの出勤人数が50%に戻ってから1カ月後まで継続することが許可されるという。

  カリフォルニア州メンロパークとシアトルのオフィスは既に出勤人数10%で再開している。同社は主要オフィスが9月前半まで出勤人数50%に達しないとの見通しを示している。

日本とはえらい違いですね。7月と言えば東京オリンピックですよね。アメリカはその頃にはかなりの人がワクチン注射を受け終えて、ある程度自由に外に出ることができる状態になっていると言う感じでしょうか?

もう少しでいいんで日本の政府の皆様にも頑張って頂きたい!そう願います。(勿論頑張っているのは十分承知の上ですが、、、、、)